MENU

 インタビュー〔人材紹介〕

interview01_main.png
■GTDの紹介事業の業務(営業)スタイルを教えてください

森山:GTDならではの営業手法で、クライアントへアプローチする事により、希少案件、独占案件を 多く獲得することに注力しています。転職者は、自分にあったオンリーワンの会社を探されていると思います。少なくとも数ある転職エージェントからGTDを 選んでご相談に来ていただく方は、何かしらのこだわりをもってご来社される方だと思っています。ですから、どこのエージェントでも紹介してくれるような大 手企業の大量採用案件ではなく、数こそ少ないかもしれませんが、他社には無いような求職者の志向にあうような求人案件が紹介してもらえる。そこには、サプ ライズとは違うかもしれませんが、新しい出会い、気づきをしていただけるようなステージを提供して差し上げたいですね。




■具体的に希少案件、独占案件というものはどういう求人案件のことを言いますか?

森山:例えば、公に募集が行われずに採用が行われるようなバックオフィス案件や、人事を通さずに経 営トップリレーションで直接ご依頼いただくような案件、海外進出を考えている企業の求人案件がそれです。基本、決裁権のある方から直接お話しを頂くので、 高いマッチング率で、面接の機会を提供できるのも弊社の強みと言えます。





interview01_01.png
■GTDでは一気通貫でサービスを提供していますが、そこにGTDのコンサルタントとしてのやりがいのようなものはありますか?

森山:企業担当と人材担当を分業せずに一気通貫でコンサルティングさせていただく事で、一番大きく違うと感じるのは、温度差が無いことだと思います。ただ 一気通貫でサービスを提供しているエージェントは、GTDに限らず多くあると思っていますので、そう感じることのできる職場は他にもあるでしょう。でも、 先ほどお話しをした、希少案件や独占案件を開拓していくことは、まさに一気通貫であるから行えることでもあり、そこが必要だと思っていても他社のエージェ ントでは、なかなか戦略的に力を入れて行うことはできていないように感じています。やはり多くのエージェントは、大手有名企業の大量採用案件に対して、ス カウト返信率やマッチング率を計算して、数で勝負するというようになってしまうことが多いのではないかと思っています。少人数の私たちが同じことをやって いては、数の勝負では決して敵いませんので、GTDでは、人材紹介業務の原点に立ち戻り、求職者にとっては魅力的な案件を数多く発掘していくことにこだわ り、質の高い案件とマッチング率とフィッティング率の高さで勝負していきたいと考えています。これは、企業側にとってもさまざまな面で採用ロスを出さない というメリットがあり、まさにここにコンサルタントが介在する醍醐味があると考えています。




■それでは、人材紹介部門の職場はどのような雰囲気ですか?

中丸:メリハリのある職場だと思います。ONとOFFの差がはっきりしているところは、働きやすいです。入社から1ヵ月は、研修も含めて企業開拓から求職 者へのアプローチを一通り経験させてもらいました。今は目標と方向性の大枠を森山さんに定めてもらって、あとは自由にやらせてもらっています。人材紹介の お仕事は、すぐに結果が出ないので、自由度が高い分、きちんとこの案件の進め方に間違いはないのか不安になることも多いですが、アドバイスを求めれば、先 輩や森山さんにサポートしてもらえるので、私は、裁量をもらって自分で進める今のやり方で、今後も人材紹介業務に取り組みたいと考えています。



森山:この人材紹介コンサルタント育成の仕方がスタンダードかどうかはわかりませんが、こと細かく全部線を引いて決めて行ってもらうよりも、大枠を決めて その中で、自分で考えながら行動をしてもらいたいと思い、中丸さんに実践してもらっています。事業目標に対してどうすれば達成できるかという戦略という大 枠からはみ出さないようにガイドラインを決めてその中でなら、既存概念にとらわれること無く自由に発想して行動して欲しいと思っています。ですので、中丸 さんの成果目標に対しても、KPIでは考えていないです。その一つ手前で結果を出すための動きはどのようにすべきなのかというところでみています。もちろ ん、最終的に売上数値目標はある訳ですが、この業務に就いてまだ数ヵ月の中丸さんには、その一歩手前ぐらいのところで目標を設定していて、それを達成する には、どのくらいの行動量が必要なのか、どういうアプローチが効果的なのかは、自身で考えなさいというように言っています。
 それは、人材紹介という仕事は、数や量だけにこだわって仕事していても結果に結びつかないことが多いので、数だけ追うことにあまり意味はないと考えているからなのですよね。





interview01_02.png
■人材業界未経験の中丸さんが、なぜGTDに入社を決められたのかを教えて下さい

中丸:今までとまったく違う業界、職種に挑戦しようと転職を考えたのは、大きな決断だったと思います。考えて、考えた結果、答えが出ないならまず挑戦して みようと思いました。転職することを決めた時には、人とかかわる仕事をしたいとは考えましたが、人材サービス業界、職種に絞っていた訳ではないです。私 は、その点でいうと職種や業界というよりも、こういう人と仕事をしたいという気持ちが強く動いた会社に就職したいと思いました。GTDに入社したいと思っ たのも、面接で4~5人の方にお会いする機会があり、初対面ではあったのですが、どの方もとても印象が良くて、この人たちと一緒に働きたいなと思えたこと が一番の理由です。





interview01_03.png
■転職など大きな決断を前に、わたしならこう考えるということはありますか?

森山:細かいことは、いろいろ考えるのだけど、大きな決断は最初に感じた感覚を信じて決めることが多いですね。考えても大きな決断のいるようなことは、あ らゆるリスクが想定できてしまいますよね。それは、もう計り知れないことなので自身の直感を信じて決断をします。ただ決断する時にイヤな感じがするものは やりません。もちろん、それで失敗することもありますが、自分を信じて決めたことであれば後悔するようなことはないですね。ですから、転職者の方が内定後 に迷われていた時は、ご転職を決意された原点に戻ってもらうようにお話しをします。この悩ましく思う気持ちは、あれこれリスクを考えるのと同じでキリがな いんです。そもそも、何故転職を決意したのかを思い出していただくのです。最初に転職を決めた目的以外で悩んでいないかを、考えてもらうのです。



中丸:私は、いろんな人に意見を求めて混乱してしまうことが多いです。でも、やはり最後は自分で決めます。森山さんのように自身の考えだけで決めるのでは なく、他人の意見を参考にして自分で判断するタイプですので、迷われている転職者の方がいらしたら、その案件がその方にとって良いと思えたら、後押しして 差し上げるアドバイスをしてあげたいです。




■新しくGTDに入社される方に対して期待すること、チャレンジして欲しいことはありますか?

森山:やるからには、とにかくやりきって欲しいです。自分で境界線を引いてダメだと判断してやらないのではなく、挑戦していって欲しいですね。これは、 100件アプローチではなく、1,000件目指すとかいう数に対する限界ではないですよ。考え方の話です。自分はできないだろう、失敗するのではないかと 決めつけずに何か一つかたちにして欲しいですね。



中丸:一人でも多くの求職者の方が良い転職をしていただけることが目標です。これをぜひやりとげたいですね。




■最後にともに働きたい"人財"はどのような方ですか?

森山:これは、メンバーに良く言っているのですが、自分の職責を理解して全うしなさいと、
個々にすべきこと、求められている業務のレベルや範囲がありますよね。それを正しく理解をして行える人。つまり、期待される仕事をしてくれる人です。そして、「その期待を超えていきたいという気概のある方と是非、ともに働きたいですね。」





myprecious.png
interview01_05.png
森山さんの机の上にある、ご家族からもらったというグリーンアイテムたち。
日々、緊張感のある仕事に従事されている森山さんを癒してくれていることでしょう。
interview01_06.png
社会人として時間管理をすることは業務のプライオリティやコスト意識をもつうえでとても大事だと思うので両親からもらったこの腕時計がマストアイテムです。
(中丸)















 トラックバック(0)

 コメントする